「遠州屋」さんで、箕輪町にゆかりのある人たちの新年会が開かれました。

 前回、箕輪町の方々もお呼びして開催した「NEXT東京箕輪会」より2年。

久しぶりの遠州屋さんに、箕輪町出身の13名が集まりました。

 

 

 残念ながら直前でインフルエンザにかかってしまったり、子どもが腸炎にかかったりで急遽不参加になってしまった人たちもおられましたが、時節柄仕方がないかもしれません。健康第一。次回はぜひご一緒しましょう。

 さて、ふたを開けてみれば、上は70代から下は20代まで、幅広い世代が集まりました。

 17時に乾杯してから、まずは自己紹介。

 「名前と出身地のあと、箕輪町時代のエピソードを」というお題のもと、いろいろな話が飛び出てきました。

 箕輪中の文化祭「ふきはら祭」を学校に交渉して初めて開催に漕ぎ着けた人や、中学から北信越大会に出場していた人。

 町民水泳大会で小学校レコードを軒並み塗り替えた人。中学時代から足が早く、高校の県大会で優勝してインターハイに出た人。映画『聖職の碑』でエキストラ出演した人等々。

 それぞれに、それぞれのエピソードがあり、世代の違いもあって、皆さん興味深く聞いていました。

 ちなみに、今回の参加者の出身地は、松島、木下、沢、三日町、長岡、北小河内、南小河内でした。それ以外の方々も、次回ぜひ! お待ちしています。

 自己紹介が終われば歓談タイム。

 席もあちこちで入れ替わり、昔の話やいまの話、それぞれの働いている職場や業種の話を聞いたり、似たようなことをしている人同士で語り合ったり。あっという間の3時間でした。

 特に、世代によって箕輪中の校舎やプール、石碑などの配置が違うために話が噛み合わず、お互い「???」状態で、よくよく聞いてみたら「あー!(笑)」というやりとりが面白かったです。

 クラスマッチの鉢巻の色とか、皆さんよく覚えていてびっくりでした。

 お店の中と外とで近年撮影をして、飲み足りないメンバーは二次会へ。

 こちらもいろんなお話が飛び出して、とても面白かったです。

 次回は夏あたりに納涼の集まりができればいいなぁと思っています。

 一次会が盛り上がりすぎて、宴会中の写真を誰も撮っていなかったことにあとで気がつきました(汗)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください