3/24(土)箕輪町で還暦を祝う会が開催!景品は赤い●●●●●●●。

見事(?)赤いチャンチャンコをゲットした夏目滋さん(右)と大井さち子さん、そして中央は白鳥正徳町長。

東京箕輪会の理事、大井さち子さんより、3月24日に箕輪町で開かれた「還暦を祝う会」のレポートが届きましたので、ご紹介します。

 

「あいつ今、なにしてる?」

そんな話が沢山聞きたくて、箕輪町公民館主催の「還暦を祝う会」に出席してきました。

平成30年3月24日、会場は伊那プリンスです。

参加者は今年還暦を迎える町民と町の出身者。大規模な中学の同窓会のような雰囲気で、期待通り懐かしい昔話が飛び交いました。

町長はじめ来賓の皆さんにご祝辞を頂いた後は箕輪太鼓の演奏や、青春時代に流行ったフォークソングのバンド演奏が行われました。

実行委員の方々によるビンゴ大会の景品は、なんと赤いチャンチャンコ。当選者は町長との記念撮影という特典付きです。

 

見事(?)赤いチャンチャンコをゲットし、白鳥正徳町長(中央)と写真に収まる夏目滋さん(右)。左が大井さち子さん。
見事(?)赤いチャンチャンコをゲットし、白鳥正徳町長(中央)と写真に収まる夏目滋さん(右)。左が大井さち子さん。

 

今回は楽しい会の中で東京箕輪会の紹介、勧誘もさせて頂きました。新たに入会してくださる方もいて嬉しい限りです。

 

還暦、、、もう60年も生きている。

日々の生活の中では感慨に浸る余裕もありませんが、こうした機会を設けていただいたおかげで、改めて自分の60年を振り返って考えることができました。

育った故郷があり大切な友人がいる。それが私の人生の基盤であることは間違いありません。

これからの自分の人生がより良いものになるよう努めると同時に、友人達の人生が更に輝くように祈ります。

そして育ててくださった箕輪町に感謝。更にいつでも帰れる場所として箕輪町があることにも感謝します。

明日からの新しい活力をいただいたような還暦の会でした。

 

(文・大井さち子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください