羊フェスタ2019で箕輪町に縁のある方を探してきました!

2019年11月2日と3日の土日、中野駅北口にある中野セントラルパークにて、羊フェスタ2019が行われました。

このイベントは、「羊」にまつわるものが一堂に会するユニークな企画で、羊肉を使った料理や飲食店はもちろん、羊に関する情報だけを集めた出版社や、羊の毛糸を扱うメーカーや流通、アイスランドの協会や、ウェールズのプレミアムラムなど、さまざまなお店が出店していました。

こちらに、伊那ローメンズクラブの関東支部が、「ローメンだけでなく、上伊那をPRする場にしよう」と出店を決めたことから、同じ上伊那つながりということで、東京箕輪会も参加させていただきました。

ローメンを販売しながら、東京箕輪会のチラシをまいてきましたよ。

なんといっても、大井理事が即席でつくってきてくださった「箕輪町にゆかりのある方を探しています」というプラカードは効果てき面。

これをもって立っているだけで、箕輪町に限らず、長野県の方たちが次から次へと声をかけてくださいました。

●1日目に声をかけてくださった上伊那に縁のある方は

箕輪町出身者 0人

親が箕輪町出身 1人

知人が箕輪に移住した 1人(なんと、ふるさと協力隊のルーカスなおみさんのお知り合い!)

伊那の人と仕事をしている 2人

南箕輪出身 3人

辰野出身 1人

伊那出身 1人

●2日目に声をかけてくださった方は

箕輪町出身者 3人

夫が箕輪町出身 1人

南箕輪のVC長野トライデンツのサポーター 3人

伊那市出身 1人

諏訪市出身 1人

辰野高校出身 1人

という結果でした。

これからもゆるーくPR活動を続けていきたいと思います。

大井理事が手製のPR看板をつくってきてくれました。
「箕輪町にゆかりのある方を探しています」という文言がいいですね。
ローメンのゆるキャラ、ロメンくん!
キッチンカーは伊那から。黒松仙醸ののぼりが懐かしいですね。
ローメンはう●おに近いイメージです。
箕輪町に縁のあるかたがこられました!
日曜日は開始早々、箕輪町出身の男性がこられました(左)。
浦野理事が羊コスをしながら縁のある人を探します。
お昼頃、縁のある方が来られました!!
阿佐ヶ谷でローメンの食べられる小料理屋「春日」の大将(左)もこられました。右は今回のイベントの実行委員長!
埼玉の東大宮にある「じょうじょう」さんがキッチンカーに入ってローメンづくりを手伝ってくれました。
2日目は前日よりも早くローメン完売!
ローメンが完売したため、急遽伊那谷の別のソウルフードいなご、蜂の子などを販売する浦野理事。
2日目のメンバーと一緒に。
最後の最後で、箕輪町に縁のある方がこられました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください